魔女の秘密展

魔女の秘密展へ行ってきました。

展示方法などなかなか素敵で見ごたえがありました!

↓ちょっとネタバレになってしまうかもしれませんので、まだ行っていない方はご自身の判断でお読みくださいませ。

 

 

 

魔女狩りと言えばキリスト教も関わってきますので、結構キリスト教の守護アイテムも多く、中には私も見たことがある聖ベネディクトのメダイが。

また、聖像もあり、聖セバスティアヌスの横に目を向けると、ワンちゃんが。犬といえば、聖ロック(展示ではロクスでした)。
有名な聖人さんを知っておくと美術館がより楽しめて勉強になるので、海外の美術館のキリスト教絵画を見に行く方は是非数人でもいいので、覚えてみてくださいね。(当店本店サイトの商品ページには聖人さんの簡単な説明もございますので、手始めに読んでみてください^^)

日本のお守りのようなタイプや飲み込む用のマリア様が描かれた小さな紙があったりと初めて見るものもあって興味深かったです!ドイツやオーストリアのものが多いからか聖母子の御絵も同じパターンの特徴がありました。

思ったよりずっとキリスト教に関わる展示物が多かったので店長的には面白かったですが、やはり魔女の拷問具やちょっと不気味なものもあるのでそういったものが苦手な方やお子様にはオススメしづらい内容かもしれません。(その割には子供目線の高さに子供向けのわかりやすい説明もありました)

最後のしめくくりは今時な感じでしたが…。

現在名古屋で、浜松、広島、福岡とまわるようなので、機会があればどうぞ。

名古屋にもう少し、ルネッサンスや宗教画関係の展示会まわってきてくれるといいのですが…
東京にお住まいの方が羨ましい限りです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です